たしかに変わった、サンフレッチェのサッカー

サンフレッチェ、やっと勝った!

5月7日の甲府戦以来、実に8試合ぶりの勝利。もう勝てないんじゃないかとすら思ってしまうほど遠かった。ヨンソン体制としてももちろん初勝利ということで、みんなホッとしたことだろう。

先日のサガン鳥栖戦と昨夜のジュビロ磐田戦を見るかぎり、たしかに“変わった”気がする。パトリックと丹羽という新加入選手が加わっただけではない。戦い方があきらかに変わった。

4バックからの攻撃

もっともわかりやすい変化は、守備陣を3バックから4バックに変えたことだ。ここ2試合では、右から丹羽・水本・千葉・高橋を並べている。これまで3バックに入っていた野上はボランチに上がった。

ヨンソン監督は「攻撃は最大の防御」と攻撃重視のサッカーを目指している。4バックもその現れなのだろう。この2試合を見ても、両サイドの丹羽と高橋が積極的に攻撃に絡んでいる。

特に、左サイドバックを任されている高橋壮也は、ヨンソン体制以後、3試合すべてで同ポジションで先発している。いかに監督が彼を見込んでいるかの現れだ。彼の武器であるスピードと運動量(ほんとうは絵としゃべりも加えたい)は、きっとヨンソン監督の目指すサッカーにマッチしているのだ。高橋壮也は、もしかするとヨンソンの申し子となれるかもしれない。

あわよくば、後ろから駆け上がるスプリントをもっと見たい。カッシー(柏)とうまく絡めれば、広島の左サイドは相手にとってより脅威となるはずだ。

素早い攻撃への切り替え

従来の広島の戦い方といえば、後ろからゆっくりとパスを回しながら相手のスキを突いて崩していく形だった。しかし、ヨンソン体制では、ディフェンスラインでゆっくりと回すパスがほとんど見られない。

ボールを奪ったら、即、前線に送っている。そうすることで、相手は守備体形を整える余裕を失う。すると、青山などから最前線に出るキラーパスが生きてくる。

いままではそこまで素早い攻撃がなかなかできていなかったように思う。したがって、中盤以降の選手がパスの出し所を探すシーンが目についた。

パトリックはさすがの動きを見せた。彼と青山の阿吽の呼吸が昨夜はピタリと合っていた。オフサイドも増えるが、それだけギリギリの飛び出しをパトリックがくり返し試みているのだ。

縦パスが多くなったのと反対に、昨夜はサイドからのクロスはほとんど見られなかった。カッシーもここのところ、クロスを上げるよりも自ら中央に切り込む動きが増えている。これらもこれまでの広島と大きく違う点だ。ミキッチ不在の影響もあるのだろうが、これにミキッチが帰ってくればと考えるのは贅沢か。

森保監督も目指したサッカー

「いい守備をして、素早い攻撃に切り替える」。考えてみれば、これこそ森保監督が今期やろうとし、キャンプから取り組んでいたサッカーだった。しかし、いざリーグ戦が始まると失点が増えたため、従来の下がって守るスタイルに戻し、混乱した。目指した攻撃サッカーが3バックのままでは厳しかったのだ。

皮肉なことだが、ヨンソン監督が4バックという思い切った変更をしたことで、森保監督が当初目指したサッカーに近づけたように見える。選手たちも、「やりたかったのはこれだったのだ」という感触を得ているのではなかろうか。

背番号「8」を待ち望む

次戦はホームでガンバ大阪戦。青山を徹底してマークしてくるのは間違いない。となると、青山と同様、試合をコントロールでき、死角を突くパスを出せる選手をもう一人置きたい。背番号「8」の復帰を待ち望む。

そしてホームでの初勝利とサンフレ劇場をぜひ見たい。

広告

強かった日ハム

「日ハム、やっぱり強かったなー」

これが率直な感想だ。

MVP男レアード、サヨナラ満塁ホームランの西川、二刀流大谷、
なんだかんだいい仕事をした中田、最後まで打ちあぐねたバースなど、
いろいろ印象的な選手がいたが、カープファンにある意味最も強烈な印象を残したのは、

中島卓也選手じゃなかろうか。

あのファウルで粘って四球をもぎ取るミスター2番だ。
彼の打順になると、「あー、こいつか」とそれだけでイヤになる。
見ているファンですらそうなのだから、グラウンドで戦うカープ選手はほんとにイヤだったろう。

僕の中では、中島選手がシリーズの影のMVPだ。
というのも、彼が日ハムの強さを象徴している気がするからだ。

今シリーズでカープが日ハムに及ばなかった点はいろいろあると思うが、
中でも僕は、“球際の強さ”をあげたい。
V9時代の巨人軍川上監督が「球際に強い選手になれ」といったその強さだ。

紙一重のギリギリ勝負における強さ。
この差が紙一重のようで、実際は大きく違っていた。

日ハムの打者は、追い込まれても簡単には終わらず、粘って四球につないだり、
しぶとく野手の間を抜くヒットを放った。
投手陣も、3-2のフルカウントになっても粘り強く抑えた。
岡選手のフェンスにぶつかるファインプレー、6戦目で三遊間のゴロを
横っ飛びで止めた中島選手のプレーなどは、試合の流れからも大きかった。

 

カープが敗れた4試合はいずれも一方的にやられたわけではない。
日ハムに中盤から終盤にかけてジリジリと追い上げられ、勝負所でキメられた。

さらにいえば、日ハムは、シリーズ全体をとおしても、
2連敗のあと、しぶとい野球で少しずつ流れを引き寄せ、最後にモノにした。

この試合運びは、中島選手の打席内容そのものではないか。

カープは毎年のように悔しい思いを味わっている。
しかし、そのステージは確実に上がってきた。
次は日本一しかない。
来年は、ぜひリベンジしてもらおう。
頑張れ、カープ。

新たなドラマの予感

2016101909120000.jpg

またひとつ ドラマを作る 15番

ファンの間では暗黙の感があった黒田投手の今季限りでの引退。

来るべきものが来た、というところか。

「体がボロボロ」というのは、はたから見るよりもずっと厳しい現実なのだろう。

前田選手や緒方選手も、最後は走るのもやっとだったし。

それにしてもこのタイミングでの発表は絶妙だ。

これでチームが一つになって、新たなドラマが生まれそう。

もしかすると黒田投手は優れた脚本家ではなかろうか。

こうなれば是が非でも日本一になってもらいましょう!

優勝おめでとうございます

「優勝おめでとうございます」

これが普通の挨拶になっている。

友人たちからも「おめでとう」メールが入る。

スーパーでは、カープ坊やのイラスト入りの袋をもらった。

試合日でもないのに、たくさんの人がカープのシャツを着ている。

中國新聞は真っ赤っか。

やっぱり広島は、どんな経済政策よりもカープが勝つのが1番だ。

その瞬間は、エディオンスタジアムからのシャトルバスを降りたところで迎えた。

サンフレサポーターたちからも歓声が上がった。

カープとサンフレの合同優勝パレードを見るのが、新たな夢。

実現不可能ではないはず。

この秋もあっという間に過ぎそうな予感。

2016091309080000.jpg

2016091208570000.jpg

2016091109060000.jpg

あと3つ

「あっという間に減ったね」

「○日に行くんよ。それまで優勝待ってほしいね」

患者さんとの話題も、もっぱらカープのマジックになっている。

25年ぶりって・・・、四半世紀か。

そりゃ時代も変わるってものだ。

パソコンがようやく出始めた頃だろうか?

ポケベルの時代か?

にわかに脚光を浴びる1991年。

ということで、

2016090709050000.jpg

プロフェッショナル

きのうのNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」は、サンフレッチェ広島・森保一監督でした。

いい番組でしたねぇ~。

森保監督って、いつどこで見ても、ほんと変わらない。

髪型もずーっと変わらない(笑)
(あの散髪屋のおじさん、監督よりインパクトあったな)

「ストレスは無いですね」と、満面の笑みで語っていたのが印象的でした。

たしかに練習中も森保さん、けっこうニコニコして、楽しそうなんですよ。

サッカーが、サンフレッチェが、そして監督の仕事が、根っから好きなんでしょうね。

明日はルヴァンカップ。相手はガンバ大阪か。

みんなで応援に行きましょう!!