映画『ゼロの焦点』

最近、アマゾンプライムビデオで日本の昔の映画を観ています。

先日は、これを観ました。

『ゼロの焦点』
(1961年/野村芳太郎監督/松本清張原作/主演:久我美子・ 高千穂ひづる・有馬稲子)

ゼロの焦点

舞台は金沢、能登半島。有名な和倉温泉も出てきます。

新婚早々に出張先で行方不明になった夫、探し歩く新妻。

次々に起きる謎の怪死事件。

それらが複雑に絡み合う中で、世の中の複雑さや人間の悲しさの底知れぬ深みを、断崖の向こうで冷たく荒れる日本海にたとえています。

崖をバックに追い詰められた犯人が真相を激白するという、現在のサスペンス物の原点になった映画だそうです。

途中、何度も背すじがゾクッとして鳥肌が立ちました。

カットは古めかしいのに、この鬼気迫る迫力はどこから来るのでしょう。

若き日の有馬稲子さんの可愛さにもびっくりしました(笑)

昔の映画っていいですねぇ。

緑のお友達

最近、もりたカイロに緑のお友達が増えました。

まずはこの方、「サンスベリア」さん。いるだけでお部屋が明るくなるキャラです。

DSC_0720

こちら右が「コーヒーの木」さん。いつかコーヒーが収穫できるかな?

DSC_0722

あとは店の入口にたくさんある草花から、妻がアレンジ。長いのはワイヤープランツっていうらしいですね。ネーミングがgood。

DSC_0721

外のオリーブも実がついてるんですよ。「オリーブの首飾り」って実際に見たことがないんですけど、どんなんでしょうね?

DSC_0723

緑がいい空気をつくり、いい空気が緑を育てる。

もりたカイロがさらに癒しの空間でありますように。