強かった日ハム

「日ハム、やっぱり強かったなー」

これが率直な感想だ。

MVP男レアード、サヨナラ満塁ホームランの西川、二刀流大谷、
なんだかんだいい仕事をした中田、最後まで打ちあぐねたバースなど、
いろいろ印象的な選手がいたが、カープファンにある意味最も強烈な印象を残したのは、

中島卓也選手じゃなかろうか。

あのファウルで粘って四球をもぎ取るミスター2番だ。
彼の打順になると、「あー、こいつか」とそれだけでイヤになる。
見ているファンですらそうなのだから、グラウンドで戦うカープ選手はほんとにイヤだったろう。

僕の中では、中島選手がシリーズの影のMVPだ。
というのも、彼が日ハムの強さを象徴している気がするからだ。

今シリーズでカープが日ハムに及ばなかった点はいろいろあると思うが、
中でも僕は、“球際の強さ”をあげたい。
V9時代の巨人軍川上監督が「球際に強い選手になれ」といったその強さだ。

紙一重のギリギリ勝負における強さ。
この差が紙一重のようで、実際は大きく違っていた。

日ハムの打者は、追い込まれても簡単には終わらず、粘って四球につないだり、
しぶとく野手の間を抜くヒットを放った。
投手陣も、3-2のフルカウントになっても粘り強く抑えた。
岡選手のフェンスにぶつかるファインプレー、6戦目で三遊間のゴロを
横っ飛びで止めた中島選手のプレーなどは、試合の流れからも大きかった。

 

カープが敗れた4試合はいずれも一方的にやられたわけではない。
日ハムに中盤から終盤にかけてジリジリと追い上げられ、勝負所でキメられた。

さらにいえば、日ハムは、シリーズ全体をとおしても、
2連敗のあと、しぶとい野球で少しずつ流れを引き寄せ、最後にモノにした。

この試合運びは、中島選手の打席内容そのものではないか。

カープは毎年のように悔しい思いを味わっている。
しかし、そのステージは確実に上がってきた。
次は日本一しかない。
来年は、ぜひリベンジしてもらおう。
頑張れ、カープ。

広告

強かった日ハム」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中