時間術

タイトルに「時間術」と入った本を10冊一気読みしてみました。

結果、わかったこと。

  • 目標・目的が明確であるほど時間を生かすようになる
  • いろいろな時間管理法があるが、自分なりの方法を持つことが大切
  • こういう本を書く人は、「成功者」っぽい人ではあるが、オタクっぽくもある
  • カチカチじゃなくていいんだよと言いながら、カチカチな方法を書いている人が多い

ま、なにかと勉強にはなったかな。

もっとも刺激的で、面白いと思ったのは、次の本でした。
「脳科学に興じている時間は全部ムダ」と一時期ブームだった脳科学をバッサリ切っているのが最高です。
『「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術』(佐藤孝幸/クロスメディア・パブリッシング)

【今日の一句】

2016060408380000.jpg

「さあ行くぞ」 よりも 「子どもはオレ見るよ」

気づくのに4年かかりました、、、

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中