口下手こそ営業向き!?

『相手が思わず本音をしゃべり出す「3つの質問」』(渡瀬謙/日本経済新聞出版社)

2015/ 8/21 11:48

仕事柄、コミュニケーションの取り方は常日頃から勉強するようにしています。

話し方、聞き方、会話術、たくさん本が出ていますね。

中でも最近、この渡瀬謙さんの本をいくつか読ませてもらって、とてもいいなと思っています。

この方は、リクルート社でトップ成績をおさめた元営業マンなのですが、実は子どもの頃から話すことが大の苦手。

何を話せばいいか、どう盛り上げたらいいかわからず、当然営業成績も振るわず、

話し方教室に通ったり、笑顔のトレーニングをしたりしたのだけど、結果は出ないまま。

あるとき、どうせダメなら話下手なままでいいやと、それをお客様にも打ち明け、

「素の自分」でいるようにしはじめたところ、営業成績が飛躍したというのです。

もともと無口なわけですから、いかに少ない質問を効果的に使うかを考え抜いて、

独自のノウハウが構築されていったわけです。

実は、信じてもらえないかもしれませんが、僕も人と話すのが昔から苦手です。

気の利いた言葉を言えませんし、酒の席などで面白いことをポンポン話して盛り上げる人は羨ましいなと思ってきました。

ですから、いま人との関わりが密な仕事をしていることが不思議です。

渡瀬さんの本は、無理する必要ないんだ、自分でもできるんだと、思わせてくれます。

口下手な営業マンには絶対おすすめですよ!

【今日の一句】

2015082108490000.jpg

一生の 呼吸の半分 家の中

空気清浄器の前に家の清掃。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中