若者

近所の道で、80代のYさんを久しぶりにお見かけしたので、

「Yさん、こんにちは~」とご挨拶したら、

きょとんとした顔でまじまじと見入られました。

「あ、もりたカイロです!」

「えー、まぁ~、若者に見えたからわかんなかったわ~!!」

どうも髪型が“若者”っぽかったらしいです。

別にツンツン頭ではないんですが。

いつも皆さんにお会いするのは施術着姿なので、普段着だと気づかれないことが多いです。

Yさんこそ80代には見えず、背すじがシャンと伸びておられました。

【今日の一句】

2015042208570000.jpg

体操は 軟骨保ゴの 効果大

筋トレではないところがミソ。

広告

おすすめ本『15歳の志願兵』

『15歳の志願兵』(大森寿美夫/汐文社)

2015041808110000.jpg

この本は、2010年にNHKで放映されたドラマ『15歳の志願兵』を書籍化したもの。

太平洋戦争中、愛知一中の生徒たちが決起集会を機に志願兵として戦場に駆り出されていった、実話をもとに制作されたドラマです。

当院の患者さんであるOさんは、まさにこのときの学生の一人で、主人公は「隣の席だった」とのこと。

Oさんと同じく、この教室にいた方が残した手記がもとになっており、かなり忠実に再現してあるそうです。

どちらかといえば冷静に戦局を見つめていた生徒たちが、決起集会の異常な熱気に酔ったかのように“志願”していくさまは、空恐ろしくなります。

ジュニア版でもあり、小学校高学年以上なら読めると思います。おすすめの一冊です。

※主役の池松壮亮くんは、ドラマを観たとき(いい役者が出てきたな)と感心しましたが、いまや大活躍ですね。

【今日の一句】

2015042108580000.jpg

ストレッチ 3日もサボれば かたくなる

これ実感。

コナンを観てきた。

子どもたちと、公開中の映画『名探偵コナン業火の向日葵』を観てきました。

2015042007570000.jpg

大迫力のアクションシーンもさることながら、

今回楽しみにしていたのはポルノグラフィティが歌っているという主題歌。

ノリノリの曲とともにエンドロールが流れだし、

(ほほぉ、ポルノらしいな)とほくそ笑んだその時、次女が、

「トイレ行きたい」

オーイッ!!

ま、子連れにはよくあることですな、、、

【今日の一句】

2015042008500000.jpg

新しい ながぐっちゃんが 嬉しそう

♪ぴぴぽ ららら♪

『カープ愛。』

『カープ愛。』(衣笠祥雄/青志社)

2015041615340000.jpg

“人作りに主眼を置いた、血の通った、熱い球団”という氏のカープ感が随所に語られている一冊。

このスピリットが見事に花開いたのが40年前の初優勝であり、

いまのカープも当時に「似ている」らしい。

ここまで熱い思いを持っている衣笠さん、ぜひもう一度ユニフォームを着てもらいたいと切望しきりだ。

【今日の一句】

2015041809030000.jpg

やってみよう けっこうキツい チェアポーズ

本家サイトの最新記事をご覧ください。

『銀の匙 Silver Spoon』

まだまだ続くわが家のマンガブーム。

続いて呼んだのは、映画にもなった、

『銀の匙 Silver Spoon』

2015041521110000.jpg

北海道の農業高校が舞台。

大嫌いな両親から離れたくて、進学校から夢も目的もなく農業高校へ入ってしまったガリ勉くんが、

友人や先生、動物たちにもまれながら、逞しく成長していくお話です。

けっしてきれいごとではない世界で、体を使って文字どおり「体験」しながら成長することの大切さに気づかされます。

娘たちは、これを読むと「美味しいお肉が食べたくなる!」と言っています。たしかに!

【今日の一句】

2015041709010000.jpg

骨組みを イメージしながら 立ってみる

あなたの骨格模型、どんなふう?

さつき

街中にさつきがチラホラ咲き始めていました。

春は次から次に花が開いて、いいですなぁ。。。

2015041614350000.jpg

2015041614350001.jpg

【今日の一句】

2015041608570000.jpg

もう半歩 歩幅を広く してみよう

お尻がキュッと締まります。

楽しみなカープ緒方采配

「よいよ、カープはどうかいの」は広島人の合言葉。

さっそく当院でもよく聞かれるようになりました。

いきなり出だしで躓いた感じの今年のカープですが、ここ数試合(特にボクが見に行ってから!)、ちょっとずつ“いい感じ”になってる気がします。

ボクが見に行った試合(しつこい?)の初回、安部選手がヒットで出塁して、当然菊池選手がバントで送るかと思いきや、いきなりバスターエンドランを成功させました。これでゲッツー崩れの間に1点をもぎ取ったのでした。

このあたりから、緒方監督の采配がイキイキと躍動し始めたように見えるのはボクだけでしょうか。

先日の甲子園などを見ても、バントかと思ったらヒッティングにきたり、かと思えば手堅くきたり、と思えばガンガン走ってきたりと、成功失敗を問わず積極的な動きが目立ちます。

緒方監督は、コメントを見ても、あまり選手を責めたり、否定的なことを言いませんね。

しかし消極的なプレーをすればすぐにスタメンから降ろすような厳しさがあります。

積極性を歓迎し失敗は責めず、というのが緒方監督の特長のように見えます。

これは若いカープにはすごく大事な態度ですね。

さあ、いまから鯉のぼりの季節です。楽しみ楽しみ。

今朝も、「今度土曜日に行くんよ」と楽しそうに語ってくださった患者さんがありました。

以上こういう話題だと、キーボードを叩くスピードが格段に速くなる院長でした!

【今日の一句】

2015041508490000.jpg

自己流は 事故への流れと わきまえよ

まずは正しい知識から