楽しみなカープ緒方采配

「よいよ、カープはどうかいの」は広島人の合言葉。

さっそく当院でもよく聞かれるようになりました。

いきなり出だしで躓いた感じの今年のカープですが、ここ数試合(特にボクが見に行ってから!)、ちょっとずつ“いい感じ”になってる気がします。

ボクが見に行った試合(しつこい?)の初回、安部選手がヒットで出塁して、当然菊池選手がバントで送るかと思いきや、いきなりバスターエンドランを成功させました。これでゲッツー崩れの間に1点をもぎ取ったのでした。

このあたりから、緒方監督の采配がイキイキと躍動し始めたように見えるのはボクだけでしょうか。

先日の甲子園などを見ても、バントかと思ったらヒッティングにきたり、かと思えば手堅くきたり、と思えばガンガン走ってきたりと、成功失敗を問わず積極的な動きが目立ちます。

緒方監督は、コメントを見ても、あまり選手を責めたり、否定的なことを言いませんね。

しかし消極的なプレーをすればすぐにスタメンから降ろすような厳しさがあります。

積極性を歓迎し失敗は責めず、というのが緒方監督の特長のように見えます。

これは若いカープにはすごく大事な態度ですね。

さあ、いまから鯉のぼりの季節です。楽しみ楽しみ。

今朝も、「今度土曜日に行くんよ」と楽しそうに語ってくださった患者さんがありました。

以上こういう話題だと、キーボードを叩くスピードが格段に速くなる院長でした!

【今日の一句】

2015041508490000.jpg

自己流は 事故への流れと わきまえよ

まずは正しい知識から

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中