好球必打

きのうご紹介した『桑田真澄の常識を疑え!』(桑田真澄/主婦の友社)にこうあります。

<じつは英語の“STRIKE”は「打て」って意味なんだ。つまり、いい球を見逃したり、から振りしてしまったとき、バッターは審判に「打てーっ」と言われてるんだよ。>(28頁)

なるほど。野球は打たなきゃ始まらない。打てる球を3回打てなかったら三振でバッターアウトにする。

逆に、打てないボール球を四つ投げたら、ピッチャーがいけないんだからフォアボールでランナーを出す。

うまくできてるじゃないですか!

そこで、問題はカープですよ。(こうくるか)

オープン戦からずっと続く低調打線。

なかでもチャンスに甘い球を簡単に見逃すケースが多いような気が。

とにかく好球必打。スワローズの山田選手のような、どう猛に牙をむいて襲い掛かってくる迫力が欲しい。

さて今日からどうなるか。

【今日の一句】

2015040708550000.jpg

人間の 脳の固さは 豆腐並み

骨ヘルメットで守られてます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中