ヘラヘラ

「先生は、お好み焼きではやっぱりヘラ派ですか?」

もちろんです!

お店で、「鉄板にしますか、お皿にしますか」と聞かれたときに、

「鉄板で」と答えたときの、店長との間にビビーンとわかり合う感覚が好きです。

「舌の火傷もありですか?」

おおありです!

2日間くらい、あ、お好み食べたんだったなーと余韻に浸ることができます。

これってヘンかね?

【今日の一句】

2015043008590000.jpg

テンションを 上げたきゃ 足を動かそう

息が弾むように。

広告

夕刊がなくなるのは寂しい。

中國新聞の夕刊が今月いっぱいでなくなるそうです。

91年続いたものをやめるということで、思い切った決定ですね。

子どもの頃から親しんできただけに、寂しい思いでいっぱいです。

特に佃公彦さんのマンガ『ほのぼの君』は好きだったな。

夕食後のちょっとした時間に、ゆるい記事を読むのが楽しみでした。

来月から「もうひとつの朝刊」という別冊が加わるようですが、

朝はそんな時間はありません。

返す返すも残念なことです。。。

【今日の一句】

2015042808420000.jpg

肩こりさん エアスイミングで 予防しよう

本家サイトの最新記事をご覧ください。

好きです、アクアス。

昨日は妻から「子どもたちを連れ出して~」と保育依頼を受けたため、

大好きなしまね海洋館アクアスへ行って来ました。

ここはボクもとにかく好きなんですよ。

いつまでもまったりしたくなる、超癒しスポット。

特に、どっちに向かってるのか、どこにいるのかわからなくなるあの構造がいい。

小刻みにある曲がり角、暗さと光、狭さと広さの巧みな演出、突如広がる海、響き続ける水槽のザブンという波音。

いろんな水族館に行ったけど、ボクはここが一番好きです。

サメとエイが主役の大水槽。

P1040088

こちらは熱帯魚たち。

P1040093

1階の水槽でザブンと波が繰り出してます。

P1040098

ペンギン館の横からは日本海が!

P1040105

まったりしたくなるわな~。

P1040110

待ってましたのバブルリング~。

P1040115

隣接の公園では、こんな景色のローラースライダー。大人も大喜びですよ。

P1040132

・・・・・・

P1040125

おーい、そろそろ帰ろうやぁ。

P1040145

【今日の一句】

2015042708500000.jpg

たまにはネ スキップしようよ ルンランルン♪

なぜか元気が出ます。

大勝

ありゃ、カープ大勝じゃあないね。

11点とはどしたんかいの。

ほぉ、丸が打つとやっぱりつながるんじゃのぉ。

もぉちぃとほかの試合に分けときゃええのにのぉ。

まぁ、今夜は久しぶりにうまい酒が飲めるで。

・・・なんて会話が弾みそうじゃね。

【今日の一句】

2015042508530000.jpg

肩こりで 虫歯なくても 歯は痛む

関連痛というやつですね。

広島人なら読んでおきたい歴史小説『二十歳の炎』

『二十歳の炎』(穂高健一/日新報道)

2015042400120000.jpg

以前、新聞で紹介されていたので読んでみたのですが、

か~なり、面白いです。

興味深いといったほうがいいかな。

幕末維新史に大きな波紋を投げかけるであろう小説です。

維新の立役者といえば薩・長・土というイメージが一般的ですが、著者は、そこに芸(安芸・広島藩)が絡んでいる。

それどころか、諸藩をまとめ、倒幕の力を湧き起こした原動力は広島藩なのだ、と広島藩の若き秀英・高間省三の歩みを通して描き出します。

これが広島人の贔屓目かと思いきや、細かい史実を掘り起して書いてあるので、非常に説得力があるのです。

広島人としては驚きのひと言。

よく広島は「原爆ですべて無くなった」として過去の歴史も片付けられがちですけど、そうじゃいけないんですね。

また、薩長を中心とした明治政府が今日の政治のあり方にまで強く影響していることを思うと、この辺りの歴史をもう一度きちんと検証し直すことが不可欠であることに気づかされます。

カギは、広島藩、そして御手洗(みたらい)にあり!

御手洗というのは瀬戸内海の大崎下島にある港町で、昔の町並みが残っていることから、近年、観光地として注目されています。

ここがなんと、維新時代の影の要所だった!

あの坂本龍馬も頻繁に出入りしていた!

え、そんなん全然知らんかったわ~、って感じですよ。

とにかく、広島の歴史ファンなら絶対に読んでおくべき一冊であることに違いありません。

【今日の一句】

2015042409070000.jpg

お昼ねは 10分間で パパパッと

長過ぎは禁物。

呑み方

昨夜は学生時代からの友人M橋くんと焼き鳥屋さんに行きました。

生ビール、日本酒、泡盛!

ボクにはちょっと効き過ぎましたが、美味しかったです。

中国在住のM橋くんによると、中国ではもっぱら焼酎を飲むのだとか。

度数は50度。日本の焼酎の倍ですね。

これを小皿に少量取り、少しずつ唇に湿らせながら味わうのが、あちらの飲み方だそうです。

「甘くて抜群に美味い」らしい。

35度の泡盛も同じようにして飲んだら、なるほど深く味わえる気がしました。

M橋曰く、グビグビゴクゴクと“飲む”のは「邪道」。

お酒にもいろいろな味わい方があるんですねぇ。

【今日の一句】

2015042309230000.jpg

適量の お酒は良いよ 適量よ

きのうはちょっと飲み過ぎました、、、