映画『晩春』

【お知らせ】

明日、7日(土)はお休みさせていただきます。翌8日(日)は営業いたします。まだ予約可能ですので、どうぞご利用ください。

さて、小津安二郎監督作品、『東京物語』に続いて観たのはこれ。

『晩春』(小津安二郎監督/1949年)

bansyun

鎌倉に住む父と娘の物語。

当時(終戦直後)の湘南海岸や銀座の街並み、京都の清水寺などが出てきます。

原節子さん、やっぱり美しすぎます。

お友だち役の月丘夢路さんも、きれいです。

二人が着ている洋服も、いまでもまったく古臭くない素敵な服です。

杉村春子さん、ここでも地でやってるんじゃないかと思うくらい自然です。

結婚話を機に揺れる父娘の心。

「わたし、お父さんと一緒にいるのが一番幸せなの」

なーんて、うちの子たちは言ってくれるかな?

まだまだはまりそう、小津作品。

【今日の一句】

2015020609040000.jpg

表情筋 使ったほうが シワできず

原節子さんみたいに、素敵な笑顔でいられるといいなぁ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中