フランス人ってそんなに風流だったのか

『フランス人は10着しか服を持たない』(ジェニファー・L・スコット/大和書房)

2014112719490000.jpg

ベストセラーになっているこの本、中身の伴わないタイトル独り勝ち本かと思いきや、そうではありませんでした。

典型的カリフォルニアガールだった著者が、パリの家庭にホームステイします。そこでいろんな失敗を重ねながらも、マダム・シックファミリーの、毎日を自分らしく楽しみながら過ごすオシャレな暮らしにふれて、暮らしの達人技を学んでいきます。

物質主義に踊らされがちなアメリカンスタイルと、質素かつ豊かな暮らしを大事にするフランス人が、ユーモラスに対比され、さらりと読むことができます。

昔、日本でも『清貧の思想』という本が流行ったことがありますが、そのフランス版のようなものでしょうか。

ほんとうにオシャレな暮らしとは、モノをたくさん持ったりすることではなく、小さなことに喜びを見出し、お気に入りのモノを上手にコーディネートする、すっきりとした暮らしなのだと教えられます。女性の視点で書かれているので、女性には特におすすめの一冊です。

<すっきりと片付いた家で暮らしていると、とても満たされた気持ちになる。あなたには、美しい空間で素敵に暮らす価値があるのだ。あなたの持ち物も、しかるべき場所にきちんと収納される価値がある。きれいに片付いた家で暮らすことは、質の高い暮らしを心がけることでもある。そんな毎日の積み重ねは、やがて計り知れないほどの見返りで報われるだろう。>(159頁より)

【今日の一句】

2014112909090000.jpg

わかるかな? You are what you eat.

答:「あなたは、あなたが食べるものでできている」

英語も一句になるのだ。今日は、じーっと見入っている人が多いですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中