尊敬すべき人

中國新聞の「生きて」に連載されていた、そば名人・高橋邦弘さんのシリーズが今日完結しました。

来春には大分県に移住されるということで、広島県民としてはさみしい限りです。

「そば打ちの神様」とまで称されながらそのお人柄は謙虚で親しみやすく、そばの味以上に、仕事への向かい方や周囲への接し方において、僕も少なからず影響を受けています。

世の中、“神”扱いされたり“カリスマ”扱いされたりする人はごまんといますが、たいていはハッタリの張りぼてでしょう。

そういう中で高橋さんは、真に尊敬すべき職人だと思います。それはあの仕事ぶりを見ればわかります。目の前で見ているだけで圧倒され、「お前の仕事ぶりはどうか」と迫ってくる迫力を感じます。

そこには昨今ありがちな「楽して儲かる」とか「いかに稼ぐか」といった空気は微塵もなく、ひたすら自分の理想とするそばを目指す一心な姿があります。

高橋さんのファンは、皆そこに惹かれているのだと思います。

高橋さんはあるとき「上求菩提下化衆生(じょうぐぼだいげけしゅじょう)」という仏教の言葉に出会います。

自らはさらなる悟りを求めながらも、後進には教え指導していく、ということらしいです。

それ以来、そば打ちの魅力を知ってもらおうと、素人相手にも喜んで全国を飛び回って指導してこられました。

何かを極めようとすると、とかく自分だけの世界に入り込んでしまい、周囲が見えなくなってしまいがちですが、それではいけないんですね。

まだ「達磨」に行ったことがないので、来春までに一度は行っとかないといけません。

一昨年、駅前福屋での名人の姿↓

NEC_0633

【今日の一句】

2014080209110000.jpg

ふくらはぎ 伸ばせば前屈 いくんだよ

重要ポイントです。

広告

尊敬すべき人」への2件のフィードバック

  1. 友達のうどん屋さんが趣味で打った蕎麦を時々くれます。高橋名人の弟子の方に教えてもらっているそうです。源流の高橋名人の店に行って、空気感も味わってみたいです。

    それから早速、有機コーディアルエルダーフラワーを取り寄せて、飲んでみました。
    爽やかで酸味と甘さも気持ち良く、気に入りました。
    大山の水と合って美味しいです。

    • Cue様
      ぜひ名人のそばを打つ「姿」を見ていただきたいです。(お店では見えません)
      さっそく取り寄せられましたか。おいしいですよね。
      自宅用には「ライム&レモングラス」を買いました。これまたgoodですよ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中