「日本の美」かぁ

『日本の美を求めて』(東山魁夷/講談社学術文庫)

2014070113250000.jpg

東山魁夷せとうち美術館で買って帰った一冊。

音楽でも文学でも、作品以上に作者本人に強い興味を感じることってありません?

その人の生い立ちや、育った町、学んだ学校など。

作品を生み出した作者、そしてその作者を作り出した背景が知りたくなります。

この短い随筆・講演集では、東山魁夷の日本観や日本的美観というものを知ることができます。

あらためて、「日本って素晴らしい国なんだな」と思わされました。

その奥深さ、包容力、細やかさ、麗しさ、優しさ、清廉さ・・・。

そういったものを日本の自然の中に見出す眼。

<湿潤な気候は霧や霞を伴い易く、大陸性の乾燥した空気の中で見る鮮明さとは違い、抑制された柔らかみのある独特な色感が生まれるのである。

多彩と淡泊、華麗と幽玄という対蹠的な性格を併有し、きめこまやかで味わい深いという点で、世界にも比類の無い風景と言える。>(21頁)

魁夷の言葉を読みながら、私も学生時代に登った日本の山々にもう一度行きたくなった次第です。

<私は人間的な感動が基底に無くて、風景を美しいと見ることは在り得ないと信じている。風景は、いわば人間の心の祈りである。私は清澄な風景を描きたいと思っている。汚染され、荒らされた風景が、人間の心の救いであり得るはずがない。風景は心の鏡である。
(中略)
母なる大地を、私達はもっと清浄に保たねばならない。なぜなら、それは生命の源泉だからである。自然と調和して生きる素朴な心が必要である。人工の楽園に生命の輝きは宿らない。>(16-17頁)

【今日の一句】

2014070108520000.jpg

声出して 元気にスタート 後半戦

後半立ち上がりが重要です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中