『e love smile~いい愛の笑顔を~』

『e love smile memory.1』『e love smile memory.2』(島田妙子/PARADE BOOKS)

2014062719580000.jpg

今年はまだ半分だけど、ボクの中の“BOOK of THE YEAR ノンフィクション部門”1位はこの本で決まりです。

著者・島田妙子さんは、三人の子育てや義母の介護をしながら、幼稚園などで子どもの映像制作をする会社を営んでおられます。

自身の幼いころの写真は一枚もないとか。

二人の兄との三人兄妹で育った彼女は、小・中学時代を実父と継母の言語を絶する虐待の中で過ごしました。

詳しくは本書を読んでいただきたいのですが、書くのも辛かったに違いないと思います。

それでも、全編を“明るさ”が貫いているのは不思議。

恐ろしい両親と暮らす中にも、泣きあい、励ましあい、支えあう幼い兄妹の姿に涙を禁じ得ません。

人間ってほんと悲しい存在。でも、捨てたもんじゃない。そんなことを強く思わされました。

島田さんは現在、講演活動も精力的にこなしておられます。

虐待を受けた(受けている)側だけでなく、虐待をした(している)側にも、温かい眼差しを向けておられるのが印象的です。

島田さんのブログ→『くるくるミラクル幸せくるくる』

島田さんを取り上げた産経新聞の記事→【虐待越えて タエコの40年】 【虐待越えて タエコは訴える】

【今日の一句】

2014062809000000.jpg

椎間板 悪い姿勢で ちびていく

背が縮むおもな原因です。

広告

『e love smile~いい愛の笑顔を~』」への4件のフィードバック

  1. はじめまして!

    たまたま友人がこちらのブログに
    私の書籍をご紹介してくださってると
    お聞きしまして見せていただきました~!

    島田妙子と申します。

    本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです☆

    • 島田妙子様
      うわ、ご本人ですか、びっくりしました!わざわざコメントくださり、ありがとうございます。
      この本は、間違いなく忘れられない一冊となりました。読み終えたとき、しばらく声が出ませんでした。
      小学生の娘たちにも、島田さんのことをきっかけに「虐待」というものについて初めて話ができました。
      島田さんのお働きは、いまの世の中で、ほんとうに意義深いものだと思います。
      関西方面でのご講演が多いようですね。広島にもぜひ来てお話していただきたいものです。
      子どもたちが安心して笑顔で暮らせる世の中になって欲しい、心からそう思います。。。

  2. もりた先生 ありがとうございます♪

    昨年は岡山や尾道にも参りましたがまた広島でも呼んでいただけるように頑張ってまいります。

    未来を担う子どもたちが安心して暮らせる世の中を絶対に作っていきたいです☆

    ありがとうございました♪

    • 島田妙子様
      あ、尾道まで来られてたんですね!
      広島はすぐそこです(笑)
      ご著書によるとお母様ともご縁があるようですね。
      ぜひ開催していただきたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中