頭の足腰

【今日の一句】

2014052708550000.jpg

骨折れる 書物にあえて ぶつかろう

看板の一句をもっとも見てくれるのは地元の中学生たちです。

自ずから、彼(彼女)らが見て少しでもタメになればという気持ちが働きます。

「若者の活字離れ」は、ボクが学生だった頃から言われていました。

「大学生が一番読んでるのがマンガだ」と批判的に言われていました。

いまは、マンガを持つ人も少なく、ひたすらスマホでしょう。

先日もバスで、前の席の女の子がずっと「ライン」をしていて、おかげでどんな画面かよくわかりました、、、

こんな時代だからこそ、本を開いて学んだり考えたりすることに価値が生まれる気がします。

それも「サルでもわかる」とか「〇〇する25の方法」といったハウツーではなく、一回読んだだけではさっぱりわからないようなお堅いものがいい。

ボクは健康関連の仕事ですから健康本は読む機会が多いのですが、それでもやっぱり一般書ではなく専門書に常に当たっていなければいけないなと思わされます。

一般書では足腰の鍛錬になりませんから。

そんなわけで言いだしっぺとして、前から読んでみたかったものを買ってきました。

2014052715010000.jpg

ちょっと読んでみたけど、ハハハ、一回でわかるわけないわ、こりゃ。

ま、頑張ります!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中