テーマ

特にはっきりと意識してきたわけではないけれど、

あとから思えば、今年は年頭から興味を持って追ってきたテーマがありました。

それは「速読」

セミナーに参加したり、トレーニングを実践したりしたわけではありません。

ただ、できるだけたくさんの本を読めるようになりたいという思いで、関心を持ってきたということです。

『どんな本でも大量に読める「速読」の本』(宇都出雅巳/大和書房)

2013122617030000.jpg

最近読んだこの本は、「あ、これで速読の本は最後だな」と思わせてくれるほど納得でした。

正直なところ、速読本やセミナーなどは、(ほんまに読んどるんかいな?)(こんなに速く読んでも意味ないじゃろ)と思わせるものが多い。

でもこの本は良かった。

著者は資格試験などの合格術に関する著書もけっこうあります。

基本は、「高速大量回転法」と呼んでいる読書法。

文字どおり、「速く大量に回転させて(繰り返して)読む」というシンプルな原則。

一番大切なのは「大量」の部分だといいます。

要するに、知識のストックがある内容ほど読むのが速くなる。

同じ本でも何度も繰り返して読むごとに速くなる。

何度も読むうちに頭に入ってくる、ということ。

だから、一度で理解しようとするのでなく、わかろうとしないで読む。

本を読むのではなく、本に馴染む。

ボクの受けた印象では、だいたいそんな感じです。

一年間、速読を意識してきたおかげで、読む量もスピードも徐々に上がってきました。

来年はさらにスピードアップしていきたいと思っています。

【今日の一句】

2013122609020000.jpg

動かなきゃ リンパの流れは 生まれない

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中