恐るべし「こびとづかん」

昨日、娘たちと映画『こびと劇場3』を観に行きました。

kobito

子どもたちに大人気の「こびとづかん」の映画版。

実はこの「こびとづかん」、ボクは正直なところ、あまりいい印象を持っていませんでした。

だって、はっきり言って気色悪いじゃん!

なんであんなグロテスクなものを子どもたちが見たがるのか、

もうちょっと健全そうなものを見せるべきではないか、

などと考えてきました。

だから、子どもたちが「こどもづかん」の本買ってとか、

いっしょにこびとを探しに行こうとか言っても、

なんじゃかんじゃ理由をつけて拒否しておりました。

ところが祝日。

なにか子どもたちと楽しめる映画がないかなと探したら、これ、やってたんです。

半ば仕方なしに見始めると・・・

あ、もうダメ、完全ノックアウト。

カクレモモジリ、めちゃ可愛い~!!

ハタキツボネ、なんでお婆ちゃんなん、おもろ~い!!!

ユキオトコビト、グロさがたまらん~!!!!

いちばんウケてたのは、ボクでした。

可愛さに打ちのめされて、帰ってからカクレモモジリをノートに書いてしまいました。

kakuremomojiri

世の保護者の皆さま、得体の知れない「こびとづかん」、侮ってはいけません。

よくご存じない方は、ぜひお子さんに「どんなんや、それ」と聞いてみてください。

そしておもいきって、近くの書店でこっそり本を開いてください。

あなたもこの不思議ワールドにハマってくだされば幸いです。

はやく「こびと劇場4」ができないかなー。

予告編動画はこちらから→http://youtu.be/PeEvbgGKp4k

【今日の一句】

924

今日だけは 意地でも背中を 丸めない

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中