8月も終わり

今日も、そして今月も、たくさんの方にご利用いただきました。

ありがとうございました。

9月もさらにグレードアップして喜んでいただけるよう、励みます。

今夜はわが家でお好み焼きです。

僕が作ります。たぶん。

【今日の一句】

831

牛真似て 反芻しながら 食べましょう

広告

美しさとは

「洗練されるとはどういうことか。それは、無駄をなくすこと。完全に無駄がなくならないと絶対に美しくはなりません。」(羽生善治)

羽生さんは将棋において「美しさ」を追求しているといいます。

「自分の納得できる手が指せた時には、たとえ負けても満足できます」と。

無駄をなくすこと、削り込むこと、洗練すること。

これがいまの僕のテーマです。

手技においても、経営においても、生き方においても。

羽ばたこうとするときに、人はつい多くのものを身につけたくなります。

でもほんとは捨てなければいけないのかもしれませんね。

僕も、羽生さんのように「美」を追い求めていきたいと思っています。

【今日の一句】

830

ダブついた 服で姿勢も 崩れがち

拍手

昨夜は当院に通ってくださっている方から招待されて、バレエの発表会に行って来ました。

ダンサーの身のこなしって、なんと見事なことでしょう。

いちいちキマってます(当たり前ですが)。

王子様役の人は、ほんとに「王子様」に見えます。

僕がやったらどんなだろうかと、ひそかに想像したりします。

ジャンプひとつとっても、その裏でどれだけの汗が流されてきたことか。

舞台上の姿の向こうに、舞台下での鍛錬の積み重ねを思わずにはおれません。

だからみんな、手が痛くなるほどの拍手を贈るんでしょうね。

【今日の一句】

829

「廃用性萎縮」の言葉を知っとこう

(使わないために筋肉が衰えることです)

腹八分

「腹八分」という言葉があります。

耳が痛い人も多いのではないでしょうか。

かく言う私もその一人。

「食事を八分に押さえておいて、残りの二分をデザートに」となりがちです。

結局、満腹になっているわけです。

腹八分にしておけば、食後のしんどさもなく、心身ともに快適でしょう。

いまから三百年前に書かれた『養生訓』で、貝原益軒はこう述べています。

飲食は飢渇にならないためにするのであるから、飢渇の感じがなくなれば、そのうえ欲ばってほしいままに飲食してはいけない。飲食の欲を制することのできないひとは義理を忘れる。

万事は十分になると、かならず禍(わざわい)となるものだ。とくに飲食は満腹することをさけなければならない。(『養生訓』講談社学術文庫より)

食べ方だけでなく、生き方まで踏み込んで言及していますね。

たしかに相通ずるものがありそうです。

【今日の一句】

828

食べ方も 生き方も そう、“腹八分”

安い玩具

♪聴いた風な流行にまぎれて 僕の歌が やせつづけている

安い玩具みたいで 君に悪い♪

ASKAさんの大ヒット曲『LOVE SONG』の歌詞です。

すごい歌詞だなと思います。

ほんとにいい歌を作っていて、素晴らしいファンがついているからこそ、出てくる言葉でしょう。

苦心しながら、精魂込めて生み出した曲が、手っ取り早くヒット狙いで作られたものたちと混ざり合ってしまう。

自分の歌がそんな曲の一つになるようで、ほんとうにわかってくれている人たちに申し訳ない、と。

僕もこういう気持ちで仕事をしていかねば。

そのために手技療法家としての“技術”をよりブラッシュアップしていきたい。

安い玩具にならないように。

【今日の一句】

827

一句集 第三弾も 持ってって

医者嫌い

「医者嫌い」の人は少なくありません。

いまの医療のあり方を見るとき、ある程度はしかたないと思います。

しかし、極度に「医者嫌い」というのは考えものです。

よほどイヤなことがあったのか、「絶対に行かない」と言い切る人もいます。

これは危険です。

代替医療愛好者に、しばしばこの傾向が強いのです。

お医者さんでなければわからないことがありますし、お医者さんにしかできないことがあります。

私は、「まずお医者さんでしっかり診てもらってください」とお伝えすることがよくあります。

多くは、不安要素を確認しておくためです。

ただの腰痛と思っていたらガンだった、ということもあるのです。

「倍返し」が流行しているそうです。

やったれやったれ、と喝采する姿は、あまり健全には思えません。

一部の病院批判にも、似たような気配を感じるのは気のせいでしょうか。

お医者さんにも、誠心誠意患者さんに接して、よく勉強して、真摯に医療に当たっておられる方はいっぱいいます。

何事にもバランスを崩さないように心掛けたいものです。

【今日の一句】

826

医療批判、マイナスオーラに ご用心

一句集・第3弾

さてさて、細々と続いている「今日の一句」、これまでのものをまとめた第3弾が完成しました。

ikkusyu3

「あれは元の本があるん?」という声をときどきいただきますが、自分でひねっております。

水源が干からびつつあるのを感じます。

皆さまのかすかな反応が励みです。

今後ともよろしくお願いします。

第3弾に載せたのは以下の句。Ÿ

60代 実はお骨(ほね)の 曲がり角

Ÿ   ここに来て 「やせた」という声 多数あり

Ÿ   ボディーケア これぞ大人の オシャレです

Ÿ   腕ダルい そんなときには ワキ伸ばそう

Ÿ   筋肉は 鍛えるよりも 育てよう

Ÿ   ギックリ腰 なったらイスに 座らない

Ÿ   テレビでの 健康情報 うのみしない

Ÿ   「トシのせい」 言ったとたんに トシをとる

Ÿ   動かなきゃ 大腿骨まで 細ります

Ÿ   関節は 動かすほどに 動きだす

Ÿ   加齢より 活動低下で 衰える

Ÿ   「トシのせい」 一生それを 言いますか?

Ÿ   成長期 カバンとクツには 気をつけよう

Ÿ   この夜は 星空見上げて リフレッシュ

Ÿ   子ども靴 半年ごとに 見直そう

Ÿ   生活の質を絶対 あきらめない

Ÿ   動かして 初めて気づく 硬さかな

Ÿ   頑強な 肩こりのもと “肩甲拳筋”

Ÿ   ぶつけたり ひねった時は 病院へ

Ÿ   景気のせい そう言う心が 不景気だ

Ÿ   わが家では 暑い夏こそ 鍋料理

Ÿ   気を締めて ベルトの穴も 引き締めて

Ÿ   頭蓋骨 尾骨と “一直線”にしよう

Ÿ   動かすか 休むべきかは ケースしだい

Ÿ   修理より 大切なのが 整備です

Ÿ   今日と明日 ほおずき祭りで 楽しもう

Ÿ   ストレスは ゴミといっしょに 捨てんさい

Ÿ   大人こそ ラジオ体操 しないとね

Ÿ   「大丈夫?」 よりも 「君なら大丈夫!」

Ÿ   にっこりと 寄る年波を 蹴散らそう

Ÿ   姿勢とは 勢いのある 姿なり

Ÿ   プロとして 今日もいい仕事を しよう

Ÿ   年甲斐もなく と言われて ちょうどいい

Ÿ   土井が浜 海水浴場 イチ押しよ

Ÿ   運動も いやいややれば 逆効果

Ÿ   自分への 健康投資は 先行投資

Ÿ   ときどきは 髪の毛ツンツン 立ててみる

Ÿ   五十肩 痛くても よく動かして

Ÿ   カッカッカッ 大股歩きで 颯爽と

Ÿ   蝉の声 一瞬にして 消えた夏

Ÿ   基準値は 気にせず無視せず 参考に

Ÿ   健康は 食事・休息・運動から

Ÿ   魅せたいね ファッションよりも シルエット

Ÿ   休息も トレーニングの 一環です

Ÿ   放っとくと お餅のように 固まるよ

Ÿ   忘れずに 今夜は見よう 流星群

【今日の一句】

825

この瞬間 体は“元気”に なろうとしてる