世界史を学ぶ

前に世界史にはまりつつあると書きましたが、実は当院の患者さんで長年高校で世界史を教えて来られた方がおられるんです。

その方からお話を伺ったり本を貸していただいて、興味を深めているというわけ。

この本もお借りしたもの。

sekaisi

「小説よりも学者が書いたものの方が良い」とのアドバイスがありました。

たしかに小説のようなドラマチックな書き方ではなく、教科書のような文章ではあるのですが、それがかえって流れがよくわかり面白く読めます。

古代ローマの時代も、世界大戦の時代も、それ以外の時代も、人間ってずーっと戦争してきてるんですよね。

聖書の創世記にもアブラハムが親族奪還のために戦った記事があるくらいですし。

世の中の見た目や人の暮らしぶりは変わっても、人間そのものは変わっていないということでしょうか。

【今日の一句】

430

頭痛持ち チョコの食べすぎ 気をつけて

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中