小さなお店の時代が到来か

商売」って、どんな物を売るのかとか、どんな事をするのか、ってことも大事だけど、それ以上に、「どんな人が売るのか」っていうのが一番大事なんだろうな。それが買いたい、それをして欲しいではなく、その人から買いたい、その人にして欲しい、ということ。

去年カメラを衝動買いしたときもあの人だから買ったんだし、いつも靴を買うのにわざわざ車で1時間走るのもあの靴屋さんだからだし。

そうなると、売る側の「人間力」っていうことになるのかな。でもそう言うとちょっと力みが入って疲れそうだから、「誠実さ」とか「自分らしさ」ということにしとこう。

大手ショッピングセンターがどんどんできて、いわゆる個人商店や商店街が苦境にある時代。けど、考えようによっては、個人商店にしかない面白さ、つまり、「店主の人間で売る」という商売の原点を究める楽しさがあるんじゃなかろうか。それは、薄れかけた人と人とのつながりを作る喜びでもあるような気がする。

うーん、となるとこれからは、むしろ小さいお店が活き活きする時代かもしれないぞ!

とか考えてたら、元気になってきた月曜の朝なのであった。

※あの靴屋さんとはこちらです→http://www.geocities.jp/shop_cue/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中