星野富弘さんの豚の詩

星野富弘さんの詩にこのような詩があります。  

何だって そんなに あわてるんだ
早く大きくなって 何が待っていると いうんだ
子豚よ
そんなに急いで 食うなよ
そんなに楽しそうに 食うなよ

最近、この詩をよく思い出しています。

幸せって何だろう?子どもにとって最善のことって何だろう? 

大人も子どもも、まるで何かに追い立てられるかのように忙しくしている今の時代。

もっとゆったりと生きたいと思いながら、「今日」に飲み込まれていく毎日。

 「そんなに急いで食うなよ」

 大人にも言われているような気がします。。。

広告

おすすめ本・桑田真澄著『心の野球 超効率的努力のススメ』

桑田真澄氏の一連の著書を読んでみた。

彼は、メジャーの経験も生かしながら、日本野球の良い面悪い面を検証し直し、新たな「野球道」を提唱しようとしている。「道」という言葉にはちょっと違和感があるものの、これまで受け継がれてきた体育会系特有の非効率な練習や馬鹿げた風習を改めていくべきだという主張には大いに賛同できる。

桑田氏は、改善の第一歩を「指導者の育成」と位置付ける。指導者といえば、ちょうど僕らの世代が適齢期だろう。悲しいかな、自分が受けてきたような根性論的な指導しかできず、いまだに子どもたちを怒鳴り散らす「指導者」が多いのが現状だ。桑田氏に言わせれば、怒鳴り散らすのは指導力の無さをひけらかしてるようなものなのだが。

僕の患者さんにもお子さんが野球やサッカーなどのスポーツをしておられるという方が少なくない。いろいろお話を聞く中で、危惧する点も多々ある。

一つは、保護者の負担が大き過ぎること。金銭面、時間面、労力面、すべてだ。言葉は悪いが、たかが子どもの部活(スポーツ)で、なぜそこまで親がヘトヘトにならなければいけないのか疑問に感じる。「子どものためにあと〇年の我慢」と言い聞かせていたり、やたらと「監督さん」に気を使っていたり・・・。チームを強くするために親の協力は当然と指導者が考えているならとんでもない勘違いだ。

もう一つは、非効率な練習や根性論。小学生なのに夏の炎天下、朝から夕方まで練習するなど信じられない。高校でも同様。「地域で誰もかなわないほどの選手が、なぜプロで大成しないのか?」という質問に桑田氏は、「練習し過ぎたのでしょう」と答えるという。

甲子園の監督が負けた後、「来年はやり返します」などと言うのを見ると、いったい誰のためにやっているのかと腹が立つ。

スポーツは、当たり前だがやっている当人が楽しむためであり、それを通して友情や礼儀、体力などが養われたらより良いと思う。間違っても大人の自己満足やストレス発散のツールにしてはいけない。そういうことをあらためて考えさせられた。すべての野球指導者に読んでもらいたい。

三瓶山に行って来ました

きのうの日曜日、両親らも一緒に島根まで行って来ました。私の母方の親戚が島根なんですよ。三女にとっては初の中国山地越えとなりました。 

約3時間で三瓶山到着~。
ここの原っぱはボクも子どもの頃から何度も来てますが、いつも気持ちいいですね。野外活動でしょうか、広島市内の小学校も来てました。

さっそくゴロゴロしまくるお姉ちゃん。

どこからか大きなコオロギを捕獲してきた。

 こちらは母の実家近くにて。
マンガ日本昔話に出てくるようなモコモコとした山に囲まれてます。
この溝にはメダカやドジョウが普通にいます。
きのうもさっそく、ヘビやどでかいカマキリが迎えてくれました(笑)

 緑のおいしい空気をいっぱい吸ってリフレッシュ!したつもりが・・・
ドライブ中にMJの曲で頭を振り過ぎたせいか、頭痛気味のワタクシであります、、、

金本選手の思い出

先日の高津に続いて・・・広島の同期の出世頭の引退。
さすがに淋しいな。

「カープで優勝できなかったことが残念」って、
やっぱりカープを思ってくれてて嬉しいじゃないですか!
誇れる記録は「連続無併殺」っていうのもこの人らしい。

高校最後の夏の大会開会式前に、僕らのチームの髭を生やしてた後輩
(実際は先輩から剃るなと命令されていた、、可哀相・笑)を
わざわざ見に来て、「なんやこいつ、ばりおもろいのぉ!」とちゃかしてた姿が忘れられません。
僕の中ではあの時の印象のまんまです。

ほんと、長い間お疲れさまでした。
でも人生はこれからだぞ!

長女の作品集

うちの長女(小2)はとにかく本と絵が好き。
そのせいか、早くもメガネデビューしてしまいました、、、

昨秋の引っ越し以来、ボクのデスクは完全に占領されています。
夜ボクが帰宅するときも、朝起床直後でも、カリカリカリと机に向かってひたすら描く!
よほど楽しいんでしょうね。
妻の万年筆が一番のお気に入りというのだから感心です。

というわけで、最近のものをおすそわけ。


「き」の下棒は、「きつつきがつついてパキッと空いた」そうです。


こんなかんじで展開しますが、説明を聞けば納得するほど、ちゃんとストーリーになってます。


誰がモデルなんでしょうか・・・


意味がわかりませんが楽しそうです。ど、どくきのこ!?


メガネの女の子も登場。


「すてられたものがあつまってくらす、にこにこ国」だそうです。
よく見ると「入ぐち」から入ってきたばかりの動物たちは泣きながら入って来ています。
みんな幸せそうで良かったね!

またいつか新作をご紹介しますねー。。。

お疲れ様、高津投手

高校時代、何度か県工(広島工)と対戦しました。
当時の県工には上田という全国クラスのエースがいて、僕らは彼との対戦に憧れていました。

が!

僕たちとの試合では上田はいつも外野を守り、代わりになんだかよくわからないサイドスローの投手が登板。
それが高津投手でした。

「なんや、また高津じゃ。上田の球が打ちたいのぉ」
たいして強くもないくせに、みんなでそんな事を言っていたのを思い出します。
今では「高校のとき、高津とやったんで」と自慢の種ですが(笑)

当時の高津投手はまったく目立たない存在で、ノラリクラリと打たせて取るタイプ。
プロで見せたような速球も無ければ、当然あのシンカーもありませんでした。

彼のその後の活躍を見るにつけ、人ってわからないな、と思わされます。
広陵高校にはアニキ金本もいました。彼もまた好打者ではありましたが、あの頃の広島には二人よりももっと凄い選手がいたのです。
ほんと、人はどうなるかわかりませんね。

台湾や韓国でもプレーし、最後は新潟ですか。
ここまで現役にこだわったプロ野球選手はいませんね。ほんとお疲れ様でした。
これからも野球界に貢献して、楽しませてもらいたいです。僕の自慢の種としてもね!